聴取率

ラジオ懸賞をしているとよく耳にする聴取率(ちょうしゅりつ)。これは、調査会社がラジオ局より依頼され、放送地域内においてラジオ放送を聴いた人(聴取者、リスナー)が何パーセントいたかを調査した数値である。

テレビにおける視聴率と似たようなものであるが、差違としては調査の方法が挙げられる。テレビ視聴率の世帯調査とは違い、ラジオ聴取率は個人に対して調査を行う、いわゆる「個人調査」である。

懸賞天国



景品の上限

景品の上限については、オープン懸賞とクローズド懸賞とで、異なる法律により規制されている。


●オープン懸賞
独占禁止法の「広告においてくじの方法等による経済上の利益の提供を申し出る場合の不公正な取引方法」・通称 オープン懸賞告示によって規制されていた。 最初の告示は1971年に行われ、上限を1,000,000円(フジテレビ「クイズ!キングにまかせろ」で1000万円のマンションが賞品になったことが問題のきっかけ)、1996年の改正では10,000,000円が上限となった。2006年に規制は廃止され、上限は無くなった。[1]


●クローズド懸賞
景品表示法第3条(景品類の制限及び禁止)で規定され、一般懸賞・共同懸賞は懸賞景品告示、総付景品は一般消費者告示で規制されている。

懸賞景品告示
一般懸賞・・・10万円まで(商品価額が5,000円未満の場合は商品価額の20倍まで)
共同懸賞・・・30万円まで
一般消費者告示
総付景品・・・商品価額の十分のニまで(商品価額が1,000円未満の場合は200円)


懸賞天国



一般懸賞

ある商品の購入者を対象に、内部に当たり券が入っていたり、応募はがきに商品に貼付された点数シールを規定枚数張ったり、購入レシートを張ってメーカーや販売店に応募すると、抽選で賞金や賞品が提供される方式。インターネットで実施されている懸賞の殆どは、「会員登録」または「メールマガジン(メルマガ)登録」を応募の条件としているところもある。

懸賞天国




共同懸賞

ショッピングセンター内の複数店舗が共同で行う、○円以上の購入者を対象にくじ引きを行うような方式の懸賞のこと。

懸賞サークル  

初心者、達人を問わず、懸賞が大好きな人が集まる。

不定期に喫茶店やカラオケに集まって情報交換を行うことが多い。

その際に暗黙のルールとしてクローズド懸賞の専用応募はがきをもちより、
はがきの交換会を行っている。

サークルによって雰囲気は違うが、どのサークルも懸賞好きな人が集まるので、
その熱気はすごいものがある。

とはいっても、初心者の方はいつでも大歓迎。

懸賞の友達をつくるにはとてもいい。

懸賞友達ができれば、あとあとの情報交換に
とっても役立つだけに、とっても重要。


カレンダー
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
tags
過去の記事
その他
管理者

1 | 2